スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語の本でもやっぱりパリ物は読みやすい

日本語の本でも、パリ物って何となく読みやすいのです。
もちろん、英語もそうでした。

最近続けて読んだパリ物。

I'll see you in paris(本を見るにはクリックしてください)

ほとんどの舞台はイギリスの小さな町ですが、クライマックスはパリ。アメリカの田舎暮らしのアメリカ人の母とその娘が、母の若いころの思い出を一冊の古い本を頼りに探していく、そんな穏やかな話。

Paris Letters(クリックすると本が見られます)

これは、もう、等身大の30代の女性を描いた実話で、作者が30代の時に仕事に疲れパリにわたり、そこで、未来の旦那さんに会い、そして、昔からの夢だったイラストレーターになってパリから注文を受けた人たちに手描きのポストカードを送るビジネスを始めるというお話。言葉が全く通じない恋人との会話、すこしづづ、フランス語を覚えていくあたり、誰も知り合いがいない町で、ワインのグループなどに入ってすこしづつ友達を作っていく感じがすごく、一度海外で暮らしたことがある人は共感できる!!!
しかも、将来の旦那さんになる人は、パリ人ではなく、パリに住むポーランド人の移民でハムやさんで働いている、っていうことろが、もう、とても現実味があって、ますます、引き込まれます。


French Lesson(クリックすると本が見られます)

本全体がめちゃめちゃアンニュイ。特に内容はどうもこうもないのですが、この本全体のアンニュイさがパリならでわ、って感じの本。

とにかく、この3冊、ものすごくらくーによめるっていうか、わかんないところを飛ばして読んでもなんとなく筋が読めてしまう。日本でいう江国香織とか、よしもとばななとかそんなかんじの軽さで、さらっと、わかってもわからなくても読んでみてくださいな。

私は、江国がばななが結構好きなので、こういうさらっといける女性ノベルの英語版の開拓はちょっとうれしかったです。


紀伊国屋さん、それにしても全部見つかりました。すごい!!





ランキングに参加してます。クリックお願いします(^-^)/

にほんブログ村


にほんブログ村

スポンサーサイト

女の子であり続ける条件 BY 村上春樹

村上春樹、昔から、20代の時から大好きな作家です。
最近は、海外にも進出していて、とても人気があります。
先日、同僚たちに、クラッシクナ読書としてはここではどんなものを読んでおいたらいいの?
(意味としては、高校生の時に読まされる、日本でいう夏目漱石みたいな本に当たるものはなに?)
と聞いたら、

To kill the mockinbirds
Lord of the flies
The outsiders
Catcher in the ray
Of mice and Man

を教えられました。Catcher in the ray は村上春樹も訳してますね。

実はこの中の数冊、数年前からチャレンジしては挫折、を繰り返していまして、日本の文学もなかなか古典は読めないでいるので、私の読書力は本当に弱いのでしょう。

で、その村上春樹が語る「女の子であり続ける条件」
そうだ、村上さんに聞いてみよう、という本をだいぶ前に読んで、それがその日の日記(つけてたんだー!!!)に書いてあったので。

1)静かに歩く
2)音を立てずに食べる
3)姿勢をよくする
4)大きな声で話をしない
5)新しい情報の受け売りをしない
6)装身具にあまりお金をかけない
7)下着だけはバーゲンで買わない
8)テレビを見すぎないでその代わり本を読むようにする
9)なるべく愚痴をいわない
10)丁寧に歯を磨く
11)ジャンクフードは食べない。

だ、だめだ。職場では、私が来るのが足音でわかる、と有名だし、最近、旦那にそんな姿勢でいるとおなかに贅肉がつく、と言われたし、笑い声は大きいし、すぐ噂話をするし、テレビをしかも、日本のテレビをインターネットでばっかり見てるし、ぐちばっかりだし、ジャンクフードをたまにものすごく求めてしまうし。

「おじさん、おばさん化は一般的にいって、日常的に目に見えないところに手を抜くところからずるずると忍び寄ってくるのではないでしょうか」と、まとめているらしい。

おばさん化、確実にしています。

このブログを時々見返して、頑張ります!


春樹の本も、北米の名作もここで買えます!










ランキングに参加してます。クリックお願いします(^-^)/

にほんブログ村


にほんブログ村



Gone Girl 夫婦の秘密たっぷりのサスペンス

Gone girl

つい最近のベストセラーで、映画にもなってます。

サスペンス。そして、夫婦の、夫婦になる前からの、30代のニューヨークのアラサーの心の動き、夫を得るまで、そして、アラサー、ライターだった夫の妻と出会い、結婚し、そして、失業、母親の病気のため田舎に妻を連れて帰るまで、そのあたりの心理を夫目線、妻目線、と、章ごとに目線を変えながら、細部をうまく書き出していて、引き込まれます。そして、事件は起こるのです。

英語の本を読むのは、根気がいる。
なれるまでは、本当に、もう、根気との闘い。

サスペンスは読みやすいです。
わからない単語は適当に想像して、そして、とりあえず、読み切る、それを繰り返していくと、慣れていきます。

一瞬、自分の夫を疑いたくなるような、もう、誰も信じられない、という心境に陥ってしまいました。特に中盤は。






Gone Girl

紀伊国屋さんで買えます。


ランキングに参加してます。クリックお願いします(^-^)/

にほんブログ村


にほんブログ村

キンドル

KINDLEを昨年パートナーからプレゼントされてから、読書量が一気に、増えました。しかも、今年日本に帰ったときに、買いだめもできたし、ほくほく。漫画もよめちゃう!帰りの荷物がぱんぱんにならない!短所は、本を人に貸してあげられないこと・・・。

JIN, のだめカンタービレ、をやっと、読みました。

ブラックジャックによろしく、という医療漫画は面白いのに、なんと、無料。

ほかにも無料本がたくさんあって、基本的に著作権のかからないものは、無料のようです。おかげで、漱石を結構読めました。

>智に働けば角が立つ、情に掉させば流される、意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。

ちなみに英語では、
Approach everything rationally, and you become harsh. Peopel along in the stream orf emotions, and you will be swept away by the current. Give free rein to your desires, and you become uncomfortablely confined. It is not a very agreeable place to live, this world of ours. だそうです。

素晴らしい。

この漱石の草枕を愛読書にしているドクターの物語、「神様のカルテ」は現場で荒れた心を癒してくれます。

ほかにも久しぶりにたくさんの日本の本、

そして、英語の本も読みました。

英語を読むときは、辞書がインストールされているので、わからない単語を長押しすると、その意味を教えてくれ、またそうやってしらべた単語は別に保存しておいてくれて、見られるようになっています。

KINDLEすごい。

でも、やっぱり、紙がいいな、本は。とも思うのですが、でも、便利。本当に便利。特に海外組にはたまりません。




I am Malala

I Am Malala: How One Girl Stood Up for Education and Changed the World (Young Readers Edition)I Am Malala: How One Girl Stood Up for Education and Changed the World (Young Readers Edition)
(2014/08/19)
Malala Yousafzai

商品詳細を見る


この人、ノーベル平和賞をとったんですって。
パキスタンのイスラム教徒の様子、タリバンのはびこり方の様子、パキスタン人の考え方や、新しい考え方がよくわかる本でした。女の子は教育はいらない、親の決めた人と結婚して子供を産んで家庭に入り、すべて夫または男子に従い、というイスラム教の考え方をもとにしたパキスタンの文化、それを変えようとしている今を生きている人たち、そして、
それを良しとしないタリバン。

前半部分のこのパキスタンの数年前の現状の描写はとても興味深かったですが、後半、マララがタリバンに通学バスの中で銃で撃たれ、イギリスに治療のためにわたり、それから本を書くまでの描写はあまり面白くなかった。

three cups of tea
Three Cups of Tea: One Man's Mission to Promote Peace . . . One School at a TimeThree Cups of Tea: One Man's Mission to Promote Peace . . . One School at a Time
(2007/01/30)
Greg Mortenson、David Oliver Relin 他

商品詳細を見る


もそうですが、こういう本は感化してくれて読むと英気が養われます。

 
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

oriental nurse

Author:oriental nurse
子どものがん看護、緩和ケアをモントリオールで追求しているオリエンタルナース(東洋人ナース)です。

最新記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。