プレステ


プレーステーションのCMが、

こっちでも、最後の「プレーステーション」という部分だけは、日本で使っている、

日本人が録音したものを使ってます。

*宣伝参照!*


そして、その部分を聞くたびに、一緒にテレビを見ているルイが、

「ぷれーすてーしょん!」といって、真似をします。

Playstation,じゃなくて、本当に、ぷれーすてーしょん、で、しょん、というところの

発音がびみょーに違います。


ルイが、真似するまできがつかなかたけど・・・いわれてみれば。


そういえば、と、ルイに、日本ではね、プレーステーションっていわないで、プレステ、って略していうんだよ、

と、話したら、


「それは、なんか、こっちのフレンチカナディアンのティーンネージャーみたいだね」

と、面白がっていました。


英語ではあまり、言葉を短くする、ということは、ないのですが、

(頭文字をとって、アブレビエーションにすることはあるけど、LA(Los Angels)とか、PSP(Playstation portable)

とか)

こっちのフランス語、とくに若い子達の使うフランス語は、日本語のように、日々変化し、

言葉を短くするのが、盛ん。


若いこの話している内容、まったくわからないこともあります。


だいたい、大人もそうだし。


典型的なものは、

Je ne sais pas → che pas (I dont know)

Je suis → chu (I am )

Moi, Je vais te dire que → motte dire que (Me, I am telling you that.....)


などが有名。


フランスから来たフランス人は、ほんとうに、ここの人達とは違うフランス語を話します。

アフリカから来た人も、まったく違うフランス語を話します。


言葉を聴いただけで、出身がなんとなくわかってしまうのは、日本の方言も同じかあ。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

oriental nurse

Author:oriental nurse
子どものがん看護、緩和ケアをモントリオールで追求しているオリエンタルナース(東洋人ナース)です。

最新記事
カテゴリ