スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終わりよければすべてよしっと。


12月は、日本でも師走というように、こっちもいそがしいのです。

日本の師走は31日まで時間がありますが、

こっちは、24日からホリデーになってしまうため、

それまでに、すべてをなんとか形にする???ということになり、

アップアップで働くわけですが、

昨日は、本当に、忙しかった


Overwhelmed(ぎりぎりの状態で??)で、泣きそうになってるジュニアを励ましながら、

一度に3つのことをこなし、

その内わけは、輸血と、血液製剤輸血と、化学療法の投与のために、プロトコールを読みながらの計算と、

それ以外にも、多々起こってくる問題、Mucositis(口内炎、強い化学療法のあとや骨髄職のあとにつきもの)

のペインコントロールをし、Neutropenic patients(化学療法のあとで、好中球がほとんどない状態の患者さん。

特に移植後、そして、AMLの患者さんは、強い化学療法を受けるため、シビアになりやすい)のモニターリング。


とくにAML(Acute myelogenous leukemia, 急性骨髄性白血病)の化学療法のあとの、Neutropeniaはとてもシビアで、

感染の兆候を見つけられずに、抗生剤の投与が遅れると、Septic(敗血症)に陥り、命を落としかねないのです。




そんなこんなを、一度に考えながらの12時間勤務は、緊張と集中との繰り返しで、

かなり消耗します。


ジュニアが泣き出したくなる気持ちも、ものすごーく、わかります。


私も17時くらいに、もう、That's enough!と言う状態に陥り、

Go F*** yourself!と、いろいろと文句を言ってくる人達に対して(いろいろと忙しいと、みんな文句が言いたくなるのです)叫びたくなりました(叫ばなかったけど)


そんな中、、自分たちのフロアでは、患者さんをさばききれず、簡単な化学療法の後の患者さんや

シビアではないNeutrpeniaの患者さんは、ほかのフロアに送っていたのですが、

その患者さんに、AHN(Assistant head nurse)がクリスマスのグリーティングをしに行きました。


そして、帰ってきたAHNに、

「****ちゃんと、****くんが、Where is Mack?? Is Mack coming?? っていってたよー」

(Mackは私の愛称です)

と教えてもらいました。


こういうのって、一番うれしいのです。

クリスマスで沢山ギフトをもらいましたが、こういう一言が本当は一番うれしい


英語で、こういうとき、

They made my day!といいますが、

今回はまさに、

They made my year!!!

でした。



終わりよければすべてよし。

今年の勤務はこれでおしまい。

今日からクリスマス休暇です。


メリークリスマス!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

oriental nurse

Author:oriental nurse
子どものがん看護、緩和ケアをモントリオールで追求しているオリエンタルナース(東洋人ナース)です。

最新記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。