Tuesdays with Morrie

Tuesdays with Morrie: An Old Man, a Young Man, and Life's Greatest LessonTuesdays with Morrie: An Old Man, a Young Man, and Life's Greatest Lesson
(2002/10/08)
Mitch Albom

商品詳細を見る


ジャマイカでのバカンスのお供にもっていった本。

ビーチで青い海をみながら、真っ青の空の下のやしの木の木陰で寝そべりながら、

モーリー先生が、ALSという全身の筋肉が使えなくなっていく病気で、死んでいく日々を、

教え子の著者に最後の講義、を、毎週火曜日に自宅で行う、という内容の本を読んでは、

感動して泣いていました。


最後の講義の内容は、

死を迎えたモーリー先生が語る、「生きること」について。

大事なのは、家族、友達、要するに、「愛情」。

お金や、名誉や、ステイタスではないのです。


本の中に、

モーリー先生が、私は、仏教の死に対する考え方が好きだ、と、語るところがあります。

「毎日、肩にとまっている小さな小鳥に聞くんだ。今日がその日??(自分が死ぬ日??)ですか?って。

そうやって、今日がその日かもしれない、という気持ちで日々を生きる」

ちょうど、地震が起きた後に、読んだ本だったからか、このフレーズにひかれました。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

私も大好きですこの本

missyさんへ、

コメントありがとうございます。不思議なことに、初めて読んだ数年前はなんとも思わなかったのです。本って、そのとき、そのときによって感じ方が変わるんですよね。MISSYさんとすきな本がおんなじって、うれしいです。また数年後に読んだら違うことをきっと思うんでしょうか・・・・。
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

oriental nurse

Author:oriental nurse
子どものがん看護、緩和ケアをモントリオールで追求しているオリエンタルナース(東洋人ナース)です。

最新記事
カテゴリ