スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベースメント浸水1

6月9日 木曜日

朝4時にふと目が覚めた。
誰かがシャワーを浴びているような音がしていた。

そして夜勤あけのルイが帰ってきてシャワーを浴びたのがお昼。水圧が嫌に低い。

たまたま前日洗濯をして乾燥機のあとに熱を飛ばすためにベースメントの広げてほしてあったシーツが濡れている。

そこからが悪夢の始まりでした。。。。

なんと雨も降ってないのにベースメントが浸水中!!!



ルイが浸水原を探るべく壁の一部を壊す。壁のあいだに水が溜まっているも浸水源は不明。水道の元栓を占めるも浸水止まらず。

すぐにプラマーを探してエマージェンシーコール。2時間後プラマー到着。派手に壁を壊して診断の結果、市からの給水ポンプと私達のポンプのあいだにリークがあるらしいことが判明。

プラマーが市に電話をして市の側にある給水のバルブを一時止めて貰う手配をする。

一時間後、市の職員到着。前庭に穴を掘り地下に埋めてあるバルブを探り当てしめようとこころみるも失敗。どうやらバルブが古くなっていて回らない様子。もっと大きい機械がないとダメだ今日はできない、といってあっさり去ってしまう。

?????

ベースメントの浸水は止まらない、それを止められるのは市のみなのに!

プラマーが親切に水を吸うバキュームをかしてくれた。

それで交代で水を吸うこと一晩。

夜勤あけのルイはほぼ睡眠なし。
私は4時間仕事を休んで、夕方仕事に行き帰ってきたらまたバキューム。

その間にルイは保険会社とのやり取り。

悪夢のような木曜日が過ぎて行く。

浸水はどこまで食い止められるか。。

不幸中の幸いは漏れている水が下水ではないということ。

夜中にはもうベースメントの半分が水びたしでした。

つづく
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

oriental nurse

Author:oriental nurse
子どものがん看護、緩和ケアをモントリオールで追求しているオリエンタルナース(東洋人ナース)です。

最新記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。