スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベースメント浸水 4

aout12+032_convert_20120906004754[1]
浸水はここから来ている様子。
駆けつけてくれたプラマーがあっという間に壁の一部を壊し、中を確認。
そして、ここに続いている配水管の元は市の管理だから、市に連絡をして、元をとめてもらわなくては何もできない、といわれる。

プラマー市に連絡。

市が到着。しかし、元締めの栓が見つけられず、市はあっという間に去ってしまう。
水が浸水し続けるなかに、残される。

aout12+034_convert_20120906003313[1]

プラマーがバキュームを貸してくれたので、24時間、夜中もずーっと、水をバキュームし続ける。
その間、私は仕事に行き、私が帰ってきてからはパートナーが仕事に行き、もう、くたくた。
そのかいもなく、ベースメント水浸し。

保険会社とのやり取りは、早い時点からしていた。
aout12+050_convert_20120906005631[1]
翌日、市がシャベルカーとともに現れる。
元栓を探して、前庭を掘り始める。

aout12+049_convert_20120906004712[1]
前庭に大きな穴ができた。

aout12+058_convert_20120906004826[1]
そこから、マニュアルで掘り進め、なんとか、元栓発見。
しかし、元栓が古すぎてだめになっていて、締められない。
元栓の交換後、なんとか、水が止まる。

聴診の結果、配水管の故障は市の側ではなく、我が家の側ということがわかる。
aout12+060_convert_20120906005008[1]

プラマー連絡。週末のため、Excavationという、穴をほって、地中に埋められたパイプを掘り出す作業をする会社がつかまらない、という。そこで、プラマー、作業員を自分で手配し、マニュアルで、ものすごく深い穴をほって、夜の22時まで仕事をして、なんとか、パイプを替えてくれた。

このプラミングの会社、凄いです。サービス、日本並み!仕事速い!
Pars plumbing

最近も、また来てもらって、いろいろ直してもらいました。
もう、家のリストになくてはならない会社!

aout12+071_convert_20120906005121[1]

一応水は止まり、配水管は直りました。

が、市はなかなか穴を埋めに来てくれず、このままの状態が数週間。

その間に保険会社とのやり取りも進み、保険会社がベースメントの修復代などを出してくれることに。
早速、保険会社から人が派遣されてきて、ベースメントの掃除、湿気のチェック、そして、査定が開始。

aout12+087_convert_20120906005153[1]

やっと、何度かの電話の後、市が穴を埋めに来ました。
aout12+089_convert_20120906005226[1]
穴をうめたら、新しい元栓を土の上に出し、次にこういうことがあったときは、すぐに配水をとめられるように、
調整。

このあと、また数週間後に、芝チーム到着。芝を張りなおしてくれました。

これは全部無料。だけど、時間がかかるーーー。

保険会社が間に入り、ベースメントなんとか、復活。ちょっと、アップデートもしてもらって、前よりも素敵なベースメントになりました。

3ヶ月かかりました。

これが、火事だったりすると、2年かかるそうです。

もう、当分、トラブルはいらないーー。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

oriental nurse

Author:oriental nurse
子どものがん看護、緩和ケアをモントリオールで追求しているオリエンタルナース(東洋人ナース)です。

最新記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。