スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今度は排水管破裂。


忘れもしない2012年の水道管破裂事件から、まだ2年もたってないのに、(詳細はこちら→http://orientalnurse.blog130.fc2.com/blog-entry-234.html)今度は排水管破裂、ベースメント軽く、浸水。

そして、またそれが金曜日に起こったため、打つ手もなく、プラマーも「何も週末料金まで払ってやることはない」といって、何もしてくれなかったため(そのときは、仕事したくないんじゃない?と思ったけど、今思うと、確かに週末料金(二倍)まで払ってやることでもなかったかも)、週末はシャワーなし、トイレは流せない、状態に。

そして、待望の月曜日。朝早くからプラマーたちが来て修理を開始。



プラマーはいつもの、Pars Plubming (http://parsplumbing.ca/home.html)
この人たち、本当にいい仕事をします。

排水管が破裂したってことは、どこかが詰まっているということだから、つまりをとって、排水管を新しいものでつなぎなおしたら、終わり、のはずだったのに・・・・・


排水管のつまりを見る、スネークという胃カメラみたいなものを入れてみると、なんと、排水管の中に木の根が侵入して、排水管を詰まらせていることが判明。
そして、これは、木の根を取り除き、排水管を総入れ替えしないといけないらしい・・・。

がーん。

私たちの家は80年くらいたつ古い家。そして、この排水管はクレイという粘土みたいなものでできていて、それは1950年代に流行った排水管の材質らしい。当時はそれしかなかったため、そのパイプをつなげて排水管にしていた。
ただ、それはつなぎ目がたくさんになってしまうため、そのつなぎ目から根っこが侵入する、というケースはよくあるらしい。今回、まさにそれが起こって、クレイのパイプをプラスティックの現代のものに交換することに。

ただ、それには、時間もかかるので、来月の私たち二人のスペイン旅行バカンスは返上。
リノベーションに決まり・・・とほほ。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

oriental nurse

Author:oriental nurse
子どものがん看護、緩和ケアをモントリオールで追求しているオリエンタルナース(東洋人ナース)です。

最新記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。