スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Palliative care 緩和ケアとは。

今年に入ってからがんの再発、そして、死、というパターンが続いていて、多くの小さな尊い命を失っている。

今までなかなかどうやっていいものかわからずに試行錯誤、四苦八苦していた緩和ケア。

2012年には、緩和ケア国際カンファレンスにも参加し、特に小児の緩和ケアを学んだ。

それから2年。

やっと少しわかってきたのは、緩和ケアをする、というのは、

死へ向かっていく子どもたち、家族の水先案内人になる、死に向かっていく旅のリーダーになる、ということ。

死に向かっていく旅のツアーリーダー(ツアーガイド)になる、ということ。


日本的なツアーガイド、とはちょっとここでは意味が違うかもしれない。

私は1年だけツアーガイドをここでしたことがあるが、日本的なツアーガイドというのは、至れり尽くせり、

お客様が神様、というのがモットー。


イギリス発のアドベンチャーツアーに参加してアフリカ大陸をキャンプして回ったことがある。

その時のツアーガイド(英語ではツアーリーダー)はアフリカ大陸を大型トラックを運転して縦断し、

私たちに危険のないよう、未知の世界へと導きながらその中で100%楽しめるようにお膳立てをしてくれる、

主体性も、責任も自分たちにあるが、日々の決断は自分たちで行うが、その中で、間違った方向に行って、

えらい目に合ったりしないように、私たちを教え、導いてくれる人だった。


緩和ケアをする、ということは、こういうツアーリーダーになることなのだと思う。

それには、死への道、というのを導いて行けるほどに知り尽くしていなければいけない。

緩和ケアを初めて7年になるけど、その道はまだまだ先が見えないなあ。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

oriental nurse

Author:oriental nurse
子どものがん看護、緩和ケアをモントリオールで追求しているオリエンタルナース(東洋人ナース)です。

最新記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。