スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューレンバーグ

今回の旅のハイライトのひとつのまち。というのもちちのたっての希望で第二次世界大戦のドイツの戦犯裁判が行われた(ニューレンバーグ裁判)場所にぜひいきたい、と、むかいました。ミュンヘンからは、電車で1時間くらいです
バイエルン地方の景色が車窓から堪能できます。
IMG_2859_convert_20140505033749.jpg

今回は、バイエルンパスを使う予定で、インターネットで事前予約をしていなくて、直前で、やっぱり、特急電車で行きたいね、(バイエルンパスでは乗れない電車がある)ということになり、大枚をはたくことに。
旅に準備は大事だなあ、と、実感する瞬間です。

それでも、今回のこのドイツの旅は、前回のイタリアに次ぎ、かなり前準備をよく行った旅立ったのですが。

街はクリスマスマーケットで有名な小さなかわいい街で川が町中に流れていて、建物もとても素敵な場所です。
DSCN2475_convert_20140505035427.jpg

DSCN2477_convert_20140505035533.jpg



地元の料理をだす有名なレストランというか食堂でランチをして、かわいい街をあとにし、裁判の行われた裁判所に地下鉄で向かいます。

裁判の様子がその場所でビデオでみられるようになっていて、アメリカ主体の裁判の様子を見ることができます。アメリカが主導権をにぎっているのが納得いかないような気がする、みているとどんどんイライラしてくる裁判の内容でした。

世界大戦というと日本の事ばかりですが、ヨーロッパも大変だったということを実感。この辺りの建物は空襲でまっさらに破壊されたそうです。

そして、ナチのユダヤ人ホロコーストのことも沢山紹介されていました。

ニューレンバーグまではあらかじめ電車のチケットを取ってなかったので、偉く高くつきました。事前に切符を買っておくって、大事なことです。でも、楽しい電車の旅でした。

ドイツは車窓の風景がとても素敵。田園風景も、牧場も、田舎の家も、とても素敵。

そして、戦争は、誰が勝ったか負けたかで、味方が180度変わります。

それにしてもアメリカ、第二次世界大戦にしろ、何にしろ、国際問題に口を出しすぎ。

世界のピースメーカーって、自画自賛もいいところ。

現在の国際状況についても、アメリカのせいで、こじれていることが多々あると思う。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

oriental nurse

Author:oriental nurse
子どものがん看護、緩和ケアをモントリオールで追求しているオリエンタルナース(東洋人ナース)です。

最新記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。