スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カナダで健康診断

カナダも移民がだいぶ増えました。日本人の移民の数もだいぶ増えたと思います。

移民したときは、若者だったひとたちが、中年、初老、老人、と、日本ではない国で年老いていきます。

大切な友人をがんで失くしました。

そのとき、思ったのです。

カナダという国を、第二の故郷に決めて、ここに骨を埋める覚悟をしている人たちが、がんになってしまったとき、
役に立てることがあるかもしれない、と。

看護師、というだけで、いろんな人から、ちょこっと知り合い程度の人からも、なにか問題が起こると、連絡が来て、いろいろと聞かれたりします。そういう質問は、実はとても困る時があります。
片手間に、こたえられるような質問ではないし、また、片手間に人づてで聞かれても、どうこたえていいか、わからないのです。
私たちプロは、自分の発言に責任があります。

まず、ケベックには健康診断、人間ドックというシステムはありません。
自分のかかりつけ医(ファミリードクター)にいって、健康診断をしてもらうか(Check Up)、Walk In Clinicという誰でも基本的に行けるところでお願いしてやってもらいます。

基本的に、問診、バイタルサインの測定、肺の聴診、血液検査、くらいです。
血液検査は、検査項目を書いた紙をもらい、それをもって、大きな病院の検査のところでやってもらいます。
ケベックの保険証を見せるだけで、大体の大きな病院はやってくれます。

マンモグラフィー、CTなど大きな検査は、かかりつけ医で、リクエストをかいてもらい、大きな病院に電話をして予約を取りますが、数か月かかります。お金を払うとプライベートのクリニックで割とすぐにやってもらえます。

早期発見をモットーにする日本の医療システムから見ると、異常に思えますよね。

これは、二つの国が全くの両極端にあるからなのです。

ランキングに参加してます。クリックお願いします!


にほんブログ村


にほんブログ村

日本はこういうシステムがあっていいなあ。





スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

oriental nurse

Author:oriental nurse
子どものがん看護、緩和ケアをモントリオールで追求しているオリエンタルナース(東洋人ナース)です。

最新記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。