スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化学療法中に気持ち悪い?と聞くとき

化学療法の大きな副作用の一つ、吐き気、嘔吐。
これを上手にコントロールできたとき、「よっしゃ!」と、かなりの充実感のある看護ができます。

主な小児のがんの化学療法の薬で、吐き気嘔吐の副作用が強いのが、

Cicplatin(シスプラチン)
Cyclophosphamide(サイクロフォスファマイド)
Ifosphamide(アイフォスファマイド)
Methotrexate(メソトレキサート、大量投与の場合)
Cytarabine (サイタラビン、大量投与の場合)

日常的に見るのはこの5つですね。

そして、吐き気の薬のファーストラインは、オンダンセトロン(ゾフラン)。これを定期的に投与しながら、その他数種の吐き気止めを組み合わせていきます。これは、もう、その子によって合う、合わない、また生活のリズムも違うので、試行錯誤しながら、その子にあったパターンを見つけていくのです。

シスプラチンには、最近とてもよく効く薬が出ました。
ここ数年になります。エメンド(アプレピタント)という薬で、飲み薬です。
3日間一日一回飲むだけで、奇跡的に、シスプラチンの副作用の吐き気に聞きます。
シスプラチンの吐き気は本当に辛そうで、また長引くものです。
これが出る前は、本当に、もう、コントロールは不可能、と思っていました。
ただ、問題は、全員に使える、というわけではなく、一定の体重を超えないと使うことができません。

さて、英語で「気持ち悪い?」はなんというのか。

How are you feeling? Do you feel like vomitting?

Do you have nausea?

Are you naucious?
この辺が大道ですね。

小さい子の場合、

Do you have yacky in your mouth? (お口の中、変な味する?)このほうが通じることがあります。

また、子どもたちの様子を見ながら、

S/he is gagging.

S/he is retching.

S/he appears not feeling good.

と、同僚に伝えたり、ドクターにつたえたり、また記録に書いたりします。

これがフランス語になると、

As-tu mal au coeur? ( 直訳すると、心臓痛い?、となるのですが、これがフレンチの気持ち悪い?です。)でも、これ、その人の出身地によって違うみたいで、この間、カメルーン出身の男の子に、そう聞いたら、「心臓は痛くない。気持ちが悪いだけ」と、返されました。カメルーンではそのままの意味のようです。








ランキングに参加してます。クリックお願いします(^-^)/

にほんブログ村


にほんブログ村







スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

oriental nurse

Author:oriental nurse
子どものがん看護、緩和ケアをモントリオールで追求しているオリエンタルナース(東洋人ナース)です。

最新記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。