オリエンテーション終了



6週間にわたった、新人指導(オリエンテーション)が終了しました。

一時はどうなるかと思った、もう、ほんとうに、だめかも、この人は、このフロアでは無理かも、

と、思った、新人さんも、なんとか、半人前(?)に、なってくれて、

ひとり立ち、できそうです。


たぶん私にとっては、初めての、きちんとした、「教える」という体験。

「教える」ということが、苦手な私は(「教わる」、ことは大好き)

大変な6週間でした。

「教える」って、「教わる」ことでも、あるんだなあ、というのが、とても、ありきたりな、でも、身にしみた感想です。

そして、また、「教える」というのは、ナーシングにも似ていて、

相手の情報を(人となりや、考え方や、パーソナリティーなど)を集め、分析し、プランを立て、実行し、

そして、評価し、新しい目標を立てる、という過程が、ナーシングとまったく同じでした。


そして、また、「教える」って、自分を見せられる、鏡のような、時もあり、

どきり、と、したことも何度も。


ひとつ、面白かったことは、私が教えたのは、ばりばりの、アングロサクソン。

私が、一緒に仕事をしている人たちや、友達などは、ほとんどが、フランス系。

同じ場所(モントリオール)で生まれているのに、文化や、考え方が、ちょっとづつ、違うのです。


フランス系はどちらかというと、人情派。感情派。

イギリス系はどちらかというと、あたりはソフトなのですが、個人主義。


初めて、イギリス系の人と、がっちりと、付き合う機会でした。

フランス系になれていた私には、外国に行ったような経験でもありました。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

oriental nurse

Author:oriental nurse
子どものがん看護、緩和ケアをモントリオールで追求しているオリエンタルナース(東洋人ナース)です。

最新記事
カテゴリ