死ぬって、人生の一番最後の一番大きなチャレンジ

がんは、ものすごく進行の早い場合、一年足らずでなくなってしまうこともありますが、進行がそこまで早くない場合、数年生きられることもあります。この数年という単位は5年、6年という単位です。

そして、たぶん、日本やアメリカは今のところ有効と言われて、使っているプロトコールや薬にがんが反応せず、もう、打つ手はない、という状況でも、割と簡単に国内で実験的治療に参加することができます。(賛否はぬきとして)

カナダは、そういう実験的治療のできる病院が少ないため、まず、両親にもう、ここでできることはない、ということを伝えて、そして、実験的治療をやっている病院を調べて、そこに行きたいかそれとも、ここで楽しい余生を過ごせるようにする道を選ぶか、選んでもらいます。実験的治療をやりたくても、そのがんのそのリサーチの枠が空いてなければできないこともよくあります。
アメリカでリサーチ病院で有名なのはST JUDE HOSPITAL。またカナダ国内ではトロントやモントリオール内だと、フランス系の病院に行くことになります。

私ととても仲の良かった女の子は、これ以上の治療には進めませんでした。私たちは、彼女がまだ本当に小さいころから、今はすっかりお姉さんになるまで、の仲です。具合がわるくなってから、入退院を繰り返しましたが最期は家にいたい、という希望を尊重しました。先日会った彼女はすっかり弱ってしまっていましたが、意識は晴明で、いつものちょっと不機嫌な彼女。生きている仏さまのようでした。山ほどの試練を乗り越えてきたその魂はとても美しくて、小さくなってしまった体の中で光輝いています。

Est-ce que je peut te donner une bizous?
キスしてもいい?

ときくと、うん、といってくれたので、その額にキスしました。これがきっと、この子に会える最期だ、と乾いたおでこに唇をつけながら思いました。 あなたがこれから見たかもしれない将来、あなたが生きられなかった分、私が見ておくからね。ずっと忘れないよ。と心の中で話しかけながら小さなキスをしました。

数日後、仏様のような彼女が天国に行きました。

今まで、たくさんの天使を見ました。

でも、仏様を見たのは、初めてでした。

死ぬ、
という人生の一番最後の大きな難関を美しい魂のまま乗り越えていった彼女でした。

あの仏様のような彼女の最後の姿を私はきっと忘れません。

そして、一緒に過ごした数年間の思い出の切れ端が、時々思い出したように病棟のあちこちに表れて、そのたびに、私は泣きそうになってしまうのです。





ランキングに参加してます。クリックお願いします(^-^)/

にほんブログ村


にほんブログ村










スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

oriental nurse

Author:oriental nurse
子どものがん看護、緩和ケアをモントリオールで追求しているオリエンタルナース(東洋人ナース)です。

最新記事
カテゴリ