スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事のしやすい職場をキープするには一人一人のインプットが大事

病気やもろもろの事情で現場を数年離れていたとても大先輩のナースが復帰しました。
知識も豊富で、リーダーシップもあるナースで、私も大好きな人です。

それでも、数年のブランクというのは大きく、働いているメンバーもその当時のものと大幅に変わっているし、オリエンテーションも受けなくてはいけません。その先輩を知る私にとってその人は大先輩でも、私の後輩たちにとっては、たぶん、だれこのおばさん??です。

そんなある日、その先輩ナースは私が当時どのくらい英語とフランス語が話せなくて、どのくらいそんな私をみんなでからかったか、という話をし始めました。
確かに面白かったこともあったんですけどね。
でも、彼女、だいぶ行き過ぎて、かなりほかの後輩たちを居心地悪くさせていました。

それで、思い出したのが、その先輩が全盛期?だった頃の私の働いているフロアの状況でした。

まだ新人だった私は毎日仕事に行くのがとっても嫌でした。
今はこんなに、るんるんと、毎日仕事に出かけていくので、すっかり忘れていました。

かなりネガティブな、そして、足の引っ張り合いや、いじめの多い職場で、マギルのナーシングの学生たちから絶対に行きたくないフロアワースト1に選ばれていたほどでした。たぶん、このブログの最初の最初の頃は、そういう時期の真っただ中のころだったと思います。毎日頑張って出勤して、とにかくいい雰囲気を作ろう、働きやすい雰囲気を作ろう、と、自分に言い聞かせていたのを思い出しました。「その一日みんなが笑って働けるなら、そのための労力は惜しまない」と。でも、割と私も、流れに流されたりしていたんですけどね。

そんな職場が変わったのは、なぜか、問題だったBULLIES(いじめる側の人たち)が辞め始めたのが始まりでした。
その中でも一番のブーリーだった問題の人がナーバスブレークダウンをしたのをきっかけに、彼女の側の人だった人たちが次々とやめていきました。そして、彼女の側の人で残った人たちは、居心地がすごく悪くなり、自分たちを変えていくわけにはいかなくなりました。

当時はごっそりと先輩たちが辞めたので、私たち中堅層がものすごくたくさん働かなくてはいけなくなり、責任も重くなり、とても大変でしたが、でも、そこでいいチームワークが生まれました。

そして、今に至るわけです。

いじめっ子たちにはとても居心地の良い場所だろうと思っていたのに、なぜ、あそこで、いじめっ子たちがみんな次々とブレークダウンしていったのか、本当に本当に不思議です。

ま、諸行無常、栄枯疎水、ということですね。きっと。

というわけで、そんないじめっ子の中の一人だった先輩が今帰ってきても、そういういじめっ子文化はもうここにはないわけで、彼女も気を付けないと、また身体を壊す羽目になるのです。

職場の雰囲気は、
1 リーダーがいるか
2 ざっくばらんにコミュニケーションがとれるか
3 チームプレヤーの割合が高いか

で、決まるかな。とおもいます。


ランキングに参加してます。クリックお願いします(^-^)/

にほんブログ村


にほんブログ村












スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

oriental nurse

Author:oriental nurse
子どものがん看護、緩和ケアをモントリオールで追求しているオリエンタルナース(東洋人ナース)です。

最新記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。