私たちが病気になったらどうなるのか。カナダの病欠制度

最近、職場で病欠が多いので、この話題を選んでみました。

やはり、ナースも人間。40代を過ぎるとあちこちにガタが出てきますね。

がんの看護をしていて自分もがんになる、ということもあります。こればっかりは、どうしようもないです。

さて、どんな病気にしろ、私たちが病気になったら、DRの「どういう診断で、どういう治療が必要で、そのために、これだけの期間の休みが必要」という証明をもらうと、その期間有給で休みを取ることができ、また自分のポジションも維持できます。

現にがんになってしまい、治療中で長期にわたり休んでいる人もいます。

カナダのいいところは、自分のポジションを維持してくれること、そして、職場の人たちが心配はしても、こんな病気なんかして、もうやめてもらう!という雰囲気にはならないこと、です。
そういうところ、とてもいいなあ、と思います。
話題に上がるのは、
「大丈夫かなあ」
「早く帰ってきてほしいね」
ということばかりです。

そして、復帰の際には、progressive returnといって、少しづつ身体を慣らして、仕事に復帰できるように、というきまりがあります。
病気によっても違いますが、最初は4時間勤務を週二回から・・とか、だんだんと体を慣らしていきます。その期間のお給料も保証されています。

私は数年前ぎっくり腰になり、2週間休むことになりました。
2週間の間、お給料は70%くら払ってもらいました。
そして、2週間後は、最初は8時間勤務を3日間を2週間、それから、徐々にフルタイム復帰、という経過をたどりました。
そして、その間のお給料はやっぱり、フルタイムの時の70%をもらっていました。

また、自分が病気でなくて、親が病気で看病をしないといけないので、仕事を休みたい、というとき。
Leave of Absenceというのを取ることができます。
これは、無給ですが、自分のポジションを確保でき、いつでも職場に帰ることができます。

現に、同僚が、親の介護のためこれを取っています。

また、違う同僚は、家族と1か月旅に出るために、これを取りました。

以前に、バケーションの話を書きましたが、それ以外にも、いろいろと福利厚生がしっかりとしているカナダです。


日本もこうなるといいなーーー。


ランキングに参加してます。クリックお願いします(^-^)/

にほんブログ村


にほんブログ村








スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

oriental nurse

Author:oriental nurse
子どものがん看護、緩和ケアをモントリオールで追求しているオリエンタルナース(東洋人ナース)です。

最新記事
カテゴリ