スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Three cups of tea

Three Cups of Tea: One Man's Mission to Promote Peace . . . One School at a TimeThree Cups of Tea: One Man's Mission to Promote Peace . . . One School at a Time
(2007/01/30)
Greg MortensonDavid Oliver Relin

商品詳細を見る




本当のことを書いた本です。

パキスタンのある小さな街に、K2というヒマラヤ山脈のひとつの高い山の登山に失敗した登山家、
Greg Mortensonというアメリカ人ナースが(男性)たどりつきます。
そして、その街の人達の親切に触れたのをきっかけに、
この街に、学校を作る、と、思い立ち、それを、実行に移しました。
そして、最後には、パキスタンに、いくつもの学校を、しかも、イスラム圏のパキスタンでは、
光が当たらなかった、女の子が勉強できる学校を建てていく、過程を書いた本です。


貧しい国を助ける、というのは、なんとなく、やりたくなることの、ひとつで、

なんとなく、いいことをしているような、いい仕事のような気がします。

でも、本当は、超えなければならない試練ばかりで、理解者はほとんどいなく、そして、危険が伴う。

本当に、強い意志と、相当の覚悟がなければ、成し遂げられることではない。


そして、それに、「危険」も、伴うのです!

最初は、穏やかだったパキスタンの情勢も、9/11をかわきりに、タリバンの影響、アメリカの攻撃の影響をどんど

ん受けていきます。

アメリカ人である、Mortensonには、本当に、危険な譲許にもなっていくのです。

それにもかかわらず、彼は、

「本当に、テロリズムを根絶できる策、そして、本当のイスラム教圏との和解のキーは教育にある」

と、言い続け、ついには、アフガニスタンにまでも、その学校を作る計画を進めていくのです。


私も、人生で壁につきあたったとき思ったことがあります。

一度は、アフリカ大陸を旅しているときに、180度違う、地元の人達の考え方と、私たちの考え方にショックを

受け、そこにただただ、悪循環に存在する問題たちに、いったい、どうしたらいいの・・??と、悩んだとき。


そして、二度目は、モントリオールの生活の中で、人種差別的なことに遭遇して、不愉快な思いをしたとき、

三度目は、日本人から、モントリオールでナースとして働く私に対して、差別的な意見を言われて、悲しい思いを

したとき。


そのとき、私も、しっかりと、思いました。

「こういう矛盾を解決する鍵は、教育だ」と。

パキスタンのそれとは、スケールが違いますが、「教育」(Education)て、地味で、時間がかかりますが、

いろんなことを解決できる、大事な種まきなのです。

ただ、使い方によっては、とても怖いもの、でも、あるのです。


いろんなことを、考えさせられる、いい本です。ぜひ、読んでみてください!

31ヶ国語に訳されている、と、ありましたので、日本語もあるとおもいます!


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

akaoniさんへ

メッセージありがとうございました。
ただ、どなたからなのか、もしかして知り合いかな~~と、思うのですが、わかりません。お名前教えていただけますか???

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あーさん

やっぱり、あーさんだったのね!そうかなあ・・・とおもいつつ、自信がもてずにいました・・。パパになったんだ!!転職もしたんだ!!
ぜひ、近況メールください!

ところで、どうやってこのブログをみつけたの??

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

oriental nurse

Author:oriental nurse
子どものがん看護、緩和ケアをモントリオールで追求しているオリエンタルナース(東洋人ナース)です。

最新記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。