Abandoned !?捨てられたの?私?


お仕事の話です。

昨日は、シックコール(病欠)があり、私が、インチャージ(管理)で、2人の新人さんと、病棟に残される、

という事態が・・・。


私がハイリスクキモ(危険性の高い化学療法)を、かけながら、新人さん二人が、キモ(化学療法)後の

観察が必要な患者さん二人をクリニックから引き受け、

そして、その傍ら、私が、CLV(中心静脈に入っているIVライン)を、ベッドサイドで、抜く、という、またこれも

何か起こるかもしれないハイリスクなことをやる、という、最悪な状態で。(しかも、その赤ちゃんの

血小板はめちゃめちゃ低かったのです)



絶対に、無理だ!と、思っていたから、この状況は危ないから、誰かオーバータイムをやとってくれ、

とかフロート(とよばれる、いろんなフロアに助っ人にいけるナースがいるのですが)を、やとってくれ、

とか、誰かオーバータイムしてーーー、とか、いろいろ、ヘッドナースやアシスタントヘッドナースに

泣きついたのですが、あっさりと、却下。そして、そのボス二人は、パニックの私を残して、あっさりと、帰宅。


一度に、ハイリスクなことを、いくつも、抱えながら、泣く暇もなく、「abandoned(見捨てられた)」

思いで、それでも、なんとか、乗り切りました。


泣くにも泣けない、泣いている時間さえない、戦場のような、日でした。



で、次の日。

ヘッドナースにオフィスに呼ばれました。


そして、いただいた言葉が・・・・・


「昨日、どうして、夕食のトレーが配られてなかったの???」


夕食のトレーのことなんて、考えている暇がないほど、殺気立っていて、それよりも、大事なことが、

山ほどあって、物理的に、無理な状況だったのに、ボスの優先順位は夕食のトレーですか???

と、悲しくなりました。


だいたい、そういう仕事をしてくれる人達が、ほかのフロアにはいるのに、私の働いているフロアは、

ボスがケチって(とみんなはいう)そういう人を雇っていないので、私たちナースがやらなくてはいけない、

という状況なのです。



ただ、その日の午後、久しぶりに、私のチームの、シニアたちが一緒に働くことになり、

その話をしたら、みんなが自分のことのように、怒ってくれました。

「こんなことは、あってはいけない!こんな働いている私たちのモチベーションを下げるようなことが、

通ってはいけない!」って。


その一言で、救われました。

単純・・・。


チームっていいなあ、と、しみじみと、感じたのでした。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ぱるさん、

メッセージありがとう!この間はたのしかったね。
煮豆得意なので、いつでも、ごちそうできますv-16

こういうことも、あるけど、こういうのって、ある意味、challengeで、私は好きだったりします。

またね!

kitsuneさま、

メッセージありがとうございました!本当に本当にうれしいです。
応援の言葉も、本当に心にしみました。
同じモントリオールに住む、同職種同士、いつか、会えるといいですね。

実は、ブログを書きながらも、こんなの読む人いるのかなあーー、と思っていたので、kitsuneさんからのメッセージを(しかも、とても長いv-10)読んで本当に、うれしくなってしまいました。

これからも、精進してがんばります!

楽しい残りの夏をすごしてください!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

kitsuneさま、

本当にいつか会えたらいいですねー。
あって、幻滅しないでくださいね・・・。

今は語学をされているんですね。

忍耐と根気の要る過程だと思います。
落ち込むこともあると思いますが、大丈夫、ぜったいに、いつか、ものになります(・・・と、私も日々落ち込んだ自分に言い聞かせています)。

がんばってくださいね。
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

oriental nurse

Author:oriental nurse
子どものがん看護、緩和ケアをモントリオールで追求しているオリエンタルナース(東洋人ナース)です。

最新記事
カテゴリ